タナトス の 誘惑 解釈。 YOASOBI『夜に駆ける』の原作小説、『タナトスの誘惑』を(超個人的)考察|パイナップルの缶詰|note

『夜に駆ける』原作『タナトスの誘惑』に私なりの続編書いてみた。|MONTREAL_モントリオールでカナダ移住

誘惑 解釈 の タナトス

8月15日。 「物語を読み聞かせるように歌う」とは、 彼女の歌は耳が自然と受け入れてくれて、その 歌唱の中で物語のような起承転結を感じるからです。 この小説の主人公と少女、作中で喧嘩をしているシーンが割と多く占められています。

動画は、意味をなさなかった… …思えば、アイツが僕のこと、「きみ」って呼んだことなんか、一度もなかった。 個人的には小説と音楽の融合ということで、この曲を知った当時からいつか小説を読みたいなとは思っていたものの、いわゆる文庫本的なものとして考えていたため、ついつい読むのを先延ばしにしていました。

「夜に駆ける」という曲が中毒性が高すぎる!もとになった小説「タナトスの誘惑」についても紹介します。

誘惑 解釈 の タナトス

「死神さんはこんなことしないよ…!」 僕の心にどす黒いものが押し寄せてくる。 そのため、小説に登場した言葉も多く使われており、展開も小説通りです。

おバカなりに原作を読み解いてみました。 でも、今回の『夜に駆ける』は、絶望と純粋な「死への憧れ」であり、「死だけが自分を救ってくれる」というメッセージになっているんです。

タナトス

誘惑 解釈 の タナトス

それでもいつか彼女はいつか前を向いて、そして僕と向き合って生きてくれるようになると信じて、何度でもぶつかり合おうと言います。 結局、行きつく結末は同じになりますね。

1
一目惚れに近い形で心を奪われるほどの魅力がそれにはあったのです。

『夜に駆ける』原作『タナトスの誘惑』に私なりの続編書いてみた。|MONTREAL_モントリオールでカナダ移住

誘惑 解釈 の タナトス

YOASOBI、そして『夜に駆ける』の魅力 「小説が原作」という、曲を2回楽しめる斬新なコンセプト 彼らはこれまでに3曲リリースしておりますが、その楽曲は「」という 小説・イラスト投稿サイトの作品を原作として生み出されております。

3
小説を読む前は純粋に楽曲を楽しんで、小説を読んだあとはそのストーリーに思いを馳せながら聴くことが出来る。

死への誘惑や欲望は物語にどう作用するのか【YOASOBI/夜に駆ける】の歌詞の意味を徹底解釈

誘惑 解釈 の タナトス

感想 あまりに原作の再現度が高く、「考察」というよりは完全に原作をなぞるような形の「解説」になってしまいましたが、気づけば私自身この楽曲ひいては小説の世界観に引きずり込まれていました。 でも、そんなことには全くなってこなかったでしょ。

13
究極に自分を消し去ることがカッコいいということですよね。

【YOASOBI/夜に駆ける】歌詞の意味を解釈!「タナトスの誘惑」の世界に寄り添ったナンバーを解説。

誘惑 解釈 の タナトス

いやでも、最後に話してから何年経ってるんだ?僕もアイツもお互いのことなんか思い出しもせず、新しい街で生きているはずなのに。 すると本当に死神が現れ「自分に何か用か?」と尋ねると、老人は慌てて「荷物を持ち上げてもらうためです」と答えた。 」 歌詞と紐付けると「初めて会った日から 僕の心の全てを奪った」 しかし歌詞には出会った場所が描かれていませんので、ダメ押しの原作の一文を。

彼からしたら、自分の好きな人が他の人(?)を見て惚れ惚れしてる姿なんて見たくないのは当然ですよね。

【YOASOBI(ヨアソビ)】「夜に駆ける」歌詞を考察してみた

誘惑 解釈 の タナトス

自分を誤魔化しながらなんとか生きようとしたけど心にモヤがかかったようにスッキリしない毎日。 いきなり驚いてしまいますよね。

3
死に憧れを抱いてしまう人は少なくないようですが、彼女もその一人であり、まさに「死神」に恋をしている様に見えます。 歌詞を聞き取ろうとしなくてもちゃんと入ってくる。

タナトスの誘惑

誘惑 解釈 の タナトス

耳に残るメロディと優しい歌声で初めて聴いた時から一気にハマった。 「あの夢をなぞって」が全国では2月11日から配信が始まりました。 彼女は自殺願望を持っており、以前にも何度か自殺をしようとする彼女を止めていました。

12
「死神なんて見てないで、僕のことを見て」 「嫌…!」 彼女が僕の手を振り払おうとしたので、思わず力強く握ってしまった。

YOASOBIって何者?「夜に駆ける」に隠された真実に迫ってみた

誘惑 解釈 の タナトス

聖母は神の母でもありますが、彼女=聖母でもあるのかなと。

3
昨日のツイートでも紹介したように、 「夜に駆ける」という曲が中毒性が凄くていい曲なので紹介したいと思います。