ある日お姫様になってしまった件について 102話。 【ある日、お姫様になってしまった件について】第80話のネタバレ感想と妄想

【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 90話【ネタバレと感想】

102話 ある日お姫様になってしまった件について

皇帝も少しだが健康になって良かったと話しているうちに、ジェニットの先生が来る時間になったので、彼女は退室する。 怪物の娘は怪物、でちょっと笑いましたwwwクロードの娘ですからアタナシアはwww アタナシアを殺したいと思いつつも、まだ力が足りないことを察して部屋から消えたアナスタシウス。 「?」 その視線の先には・・・ フィリックスにお姫様抱っこされたアタナシア!!!!!!!! ぎゃあああああああああああああああああああああああああ絵になるうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう花咲いてるうううううううううううううううう 大事そうにお姫様を抱える騎士にキュン。

たまにフィリックスをこき使ってるけど、騎士にできることは限界がある。 わたし、後ろ姿だけでもクロードの立ち姿に歓喜!!!立ってるだけでかっこいい!!!やっぱりクロードが一番だよ!!!それにしても、アナスタシウスの器?というか身体が空いたからアエテルニタスはやっと身体の中に入れた、っていう感じなんでしょうかね?元々アナスタシウスに悪いことを囁いている描写はあって、影響は受けていたはずですが、身体を乗っ取られたのはこの時、ということなんでしょうか? 「姫様、拘束しましょう」 そう言ったのは相変わらず怖い顔をしたフィリックス!!!!!!キャーッ (先皇は魔力が弱いから十分制圧できる…) まじかよ!?クロードより劣っていたわけではなくて、フィリックスよりも!?!?!!?いやフィリックスが魔力強すぎる、という解釈でいいかな!? 「拘束するだって?」 それを聞いたアナスタシウス、今にも殺しそうな顔をして笑みを浮かべます。

【無料試し読みあり】ある日、お姫様になってしまった件について

102話 ある日お姫様になってしまった件について

何度押しのけても挫けずに飽きもせず傍にいるアナタシアにクロードはダイアナとの記憶を浮かべぽつりと呟くのでした。

今前皇帝を殺したら、それはパパの仕業だって思われちゃう。

【ある日、お姫様になってしまった件について】第80話のネタバレ感想と妄想

102話 ある日お姫様になってしまった件について

パパの授業 パパはかなりの努力家だろ?お前パパのこと一体なんだと思ってるんだよというルーカスの言葉を思い出してクロードについて思いを馳せるアタナシア。

7
イゼキエルはまだアタナシアと話していたそうだったので残念そうな顔をしますが、ひとまずジェニットと別室へ移動します。 。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」64話|最新話ネタバレと感想

102話 ある日お姫様になってしまった件について

アタナシアが庭園の花の香りをかぐ姿を見て、イゼキエルはアタナシアへ手を伸ばしますが、彼女に気づかれ、手を下ろします。 怪物の娘は怪物か…ルーカスは優れた人間が好きだよな。

7
ダイアナの記憶を取り戻していくと共に、アタナシアへ対する感情を抱くようになり(船から落ちる、アタナシアが魔力によって死にかける事件など)、感情を消すことはできなくなる。 キュンが止まらないぜ。

【ある日、お姫様になってしまった件について】第89話の感想と妄想

102話 ある日お姫様になってしまった件について

逃げようとしたアーティでしたがイゼキエルに引き留められます。 フィリックスが用意させたそうだ。

ジェニットは俯いたままベッドに腰掛けていました。 「ジェニットの本当の父親は前皇帝なんだよね」 「ああ」 「頻繁に皇宮に来ていたのは知ってた?」 「ああ」 「ジェニットは…私を本当の姉妹だと思ってるの。

【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 90話【ネタバレと感想】

102話 ある日お姫様になってしまった件について

クロードは、苦手な甘いものを口にしたため、真っ青になる。

「お前のパパを治療していく内にわかったんだけど、お前のパパが使った黒魔法は一つじゃなかった。 そして、もう一人小屋の中へフードを被った男が入ってきました。

【ある日、お姫様になってしまった件について】第89話の感想と妄想

102話 ある日お姫様になってしまった件について

「その後はすぐに逃げ出しました。

17
以前にも言ったが、わざと隠していたわけではないんだ。 手紙を出したいと思っていましたが、ロジャーやアナスタシウスは会議でアタナシアに失礼な事を連発した事はジェニットの耳にも届いていました。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」64話|最新話ネタバレと感想

102話 ある日お姫様になってしまった件について

黒魔法によってダイアナの記憶を消し、感情を消すことでルビー宮の人間を虐殺し、アタナシアにも手を掛けようとしたが、なぜかそれはできずにルビー宮を去った。 最近ルーカスに魔法を習ってるの。

ただダイアナの記憶だけは黒魔法が関わっているので、記憶が蘇りそうになるたびに、頭痛が起きてしまうようです。 他国の級友を父親には報告せずに滞在させることもあるので問題ないとのことで、アーティはその提案に乗ることとなります。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」63話|最新話ネタバレと感想

102話 ある日お姫様になってしまった件について

お前はあいつと特に親しかったように見えたし、もし前皇帝が今までずっとロジャー・アルフィアスと一緒にいたとし、そこにキメラも一緒に居るとしたら…」 ルーカスの話を神妙な面持ちでアタナシアは聞きます。 それに驚いたアタナシアはその場を去るのでした。

鋭い目付きはそのまま。 パパは補佐官を一人も置かないで一人で仕事をしてる。