タイトリスト u510。 タイトリスト U

タイトリスト U510 ユーティリティ アイアン の試打&評価/引っかからない│楽しい GOLF LIFE

U510 タイトリスト

赤の U510は打ち出しの高さと頂点からの落下角の大きさが目立ちます。

20
中空構造にタングステンを配置して低重心化を図ったT-MBはまるでユーティリティのようなハイテクなアイアンでした。

タイトリスト『U

U510 タイトリスト

0 芯でとらえても弾き感が前面に出ます。 飛距離はU500だけなら間違いなく満点の評価をしたと思います。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。

4
金属系の高い弾き音とともに、初速のある強い出球で真っすぐ飛んでいきます。

めっちゃやさしいタイトリストU510

U510 タイトリスト

しかも2番まで用意されていて、長い距離でもピンを狙える攻めた設計です。

15
つかまりは、ほぼニュートラル。 資料では当然ながら、2モデルの中では寛容性が少ないほうとなっているが、タイトリストではそれでもボールを上げやすく、特にMBとCBアイアンには良くマッチするとアピールしている。

U•510

U510 タイトリスト

U500は、バックスピンが少なく、よく飛んでいると思います。

13
おススメ度 ちなみに、このモデルは特約店でないと入手できませんので、近くにそういった店舗が無いのであれば、US版の購入が無難です。 タイトリストのアイアンラインナップにあったT-MBの長い番手っていう位置づけで中空構造になっています。

タイトリストU500・U510試打&評価|タイトリスト初?のアイアン型ユーティリティ

U510 タイトリスト

U510モデル 1 16度 , 2 18度 , 3 20度 , 4 22度 2019年8月30日発売 アクシネットジャパンインクから、8月30日に発売されます。

全英オープン2019ではジョーダン・スピースなどが実践で利用している模様です。 また、打ち出し角も右でヘッドとシャフトの両方が捕まり弱めなイメージだと試打していて感じました。

U•510

U510 タイトリスト

見た目はボテッとしててトップブレードも厚いし、構えた時もお尻(バックフェース)が丸見えでソールも広く、決してカッコよくはないんだけど(失礼)、実際に打つと全然違うんです。 最近のラウンドではミドルのセカンドはだいたいこの4番と7番アイアンを持って、、、ロングでは2番と4番を持ってセカンド地点に向かうことが多くなり、クラブ選択でも悩むことがなくなりました。 距離は正直期待できませんが、その分バックスピン量が非常に多いので上から落として止めるようなプレースタイルにフィットしそうです。

20
。 (笑) 4番がラウンドでも抜群に良かったので、後日2番もゲット。

タイトリスト U

U510 タイトリスト

しっかり右に打ち出して戻ってくるドローが打てています。 また最新の情報が入りましたら、こちらに追記していきます。 ただUTは、フェアウェイウッドとアイアンの間に位置するクラブで、同じようなゴルファーが使用するにしても、打ちたい距離や用途によってスペックが大きく変わります。

スピン量が少なめで風に強い弾道です。 今回のアイアンのラインナップで気になることがありました。

U•510

U510 タイトリスト

クラブスペック• U・510ベネフィット• スイートスポットを外した場合においても、ボールスピードが落ちないような設計になっています。 。

20
8としっかりしたシャフトで、キックポイントは先中。

ツアープロが使いたいUT、タイトリスト「U500」「U510」試打

U510 タイトリスト

タイトリストのユーティリティアイアンU510。 U500、 U510は2、3、4番の三番手のみしかなく、度数で言えば U500とT-MBは全く同じです。

9
そのかわり、このUシリーズによってタイトリストはユーティリティアイアンカテゴリーに集中することができ、そのコンセプトを2番アイアンからPWまで、一切の妥協なく浸透させた。 ティーアップせず、マットから打ってこの高さが出るのはすごいです! [U510試打] ウッド型UTに近い高さが出せる 構えると、長め厚めのブレードが安心感を与えてくれますね。