オルネ ド フォイユ。 オルネ ド フォイユ Orne de Feuilles:東京の目黒不動前の実店舗のご案内

オルネ ド フォイユ Orne de Feuilles:東京の目黒不動前の実店舗のご案内

ド フォイユ オルネ

存在感のあるアンティーク家具を中心に、窓辺をお気に入りのオブジェやお花でしつらえたり、壁に蚤の市で見つけた額縁を飾るなど、フランスに住んでいた谷さんならではのインテリアコーディネートでした。 表情が印象的な犬のオブジェに心が和む。

17
もともとのシステムキッチンを活用しつつ、戸棚やシンク下の扉はDIYで造りかえたとのこと。

キッチンのインテリアコーデ

ド フォイユ オルネ

その後カーテンから出てきたら『わー!びっくりした』って驚いて……。 オリジナルのポスター制作・販売を行ったり、京都のカリスマ書店、恵文社との共同企画でエルベ・モルバン原画展を開催するなど、雑貨好きの間ではちょっと知られた存在となったのである。 フランス人好みの、オリエンタルでエキゾティックな雰囲気のものも扱う。

10
どうぞご理解、ご了承いただけると幸いです) 見せて収納するコンロ周りのキッチン道具。

インテリア雑貨をおしゃれに飾る

ド フォイユ オルネ

ステンレスのバー(IKEA)やザル類を下げているフック(フランスのアンティークのもの)も、ご自身で設置したものだとか。

8
どうぞお楽しみに。

ニュアンスのある白のうつわ [雑貨] All About

ド フォイユ オルネ

不思議なくらい猫の気持ちがわかっている。 過去に購入したものを紹介しているので、現在手に入らないものもございます。

14
右奥の棚は谷さんがDIYしたもの。 僕は仕事に出ているから、会う時間が少ないせいか全然懐いてくれなくて。

キッチンのインテリアコーデ

ド フォイユ オルネ

過去に購入したものを紹介しているので、現在手に入らないものもございます。 ドイツ、イタリア、スウェーデン、チュニジアやニューヨークのものもあります。

システムキッチンをDIYで心地よい空間に 谷さんがDIYで造りかえた吊り戸棚の扉とシンク下の扉も見せていただきました。 どれも主張がありそうなアイテムですが、すんなりとお家に溶け込んでいた様子が印象的でした。

アンティーク家具のインテリアコーデ

ド フォイユ オルネ

冬をたっぷりと堪能するおうち時間 映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。 早速コンロ周りのキッチン道具から拝見していきましょう。 店内に一歩足を踏み入れると、そこはまるで別世界。

13
良かったらのぞいてみてくださいませ。

オルネ・ド・フォイユ ACROSS(アクロス)

ド フォイユ オルネ

賑やかに走りまわって遊ぶ姿が目に浮かび、ちょっと寂しそうな谷さんの様子も微笑ましいです。

4
 ・入店時とお帰りの際に店頭にてアルコール消毒をお願いいたします。 創造の楽しさ、苦しさ、成長する喜びを一緒に味わいたいです。

オルネ・ド・フォイユ ACROSS(アクロス)

ド フォイユ オルネ

東京・代官山T-SITEで開催されていた「代官山蚤の市」で購入した、フランスのアンティークのものだそう。 基本は自分の感性にぴたりとくるもの、しかし、テイストはもっと幅広く自由に、 やや尖ったことにも挑戦したい。 また、ここで生まれた発想を、オルネ・ド・フォイユやボワズリーにも反映させていきたいと思っています」。

11
オルネ・ド・フォイユはナチュラルでクラシカル、フランスのカンパーニュを意識したような雰囲気ですが、 こちらはもう少しアーティスティックでデザイン的、国も時代も限定していません。 これからもっと進化していきますよ!・・・というか、まだまだ手を 加えたいし、今も途中段階なんですけど(笑)。

ニュアンスのある白のうつわ [雑貨] All About

ド フォイユ オルネ

あたらしい家で思いっきり遊ぶカカオくんとチャイくんも、また見てみたいものです。 (つづく) もくじ 本日の編集部recommends! 愛用歴1年。 『Orne de Feuilles(オルネ ド フォイユ)』オーナー谷卓さんのキッチンのインテリアをお届けしました。

(つづく) 【写真】谷あきら 谷あきら 東京・不動前のインテリア雑貨店「オルネ・ド・フォイユ」のオーナー。