二葉 あき子。 二葉あき子さん死去 96歳 「フランチェスカの鐘」 広島市出身

二葉あき子 / 青春歌年鑑 [戦前編] 4 昭和15年~20年 (2枚組 ディスク2)

あき子 二葉

春、の専属となる。 「新妻鏡」(1940年6月発売、共唱:霧島昇)• 戦時中は歌手として慰問活動をする。 「あの夢この夢」(1936年6月発売)• 原爆犠牲者の鎮魂と平和の希求を込めた。

7
「夢よもういちど」(1948年12月発売)• 喪主は孫加藤英紀(かとう・ひでき)氏。

歴史的音源(二葉あき子) | 来(ら)いぶらりネット@ひろしま 広島県立図書館

あき子 二葉

「四つ葉のクローバー」(1941年2月発売)• 本名は加藤芳江。

11
それから8年後の8月16日、心不全のため広島市内で死去した。

二葉あき子とは

あき子 二葉

「今宵別れて」(1949年8月発売)• 「愛の揺り籃」が最初のレコードだった。 [ ] 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• (テレビ東京)• 「面影の花」(1948年9月発売)• 、帰郷のため広島からのに乗り、汽車がに入っている際にが投下され、汽車がトンネルを出たところで、きのこ雲と落下傘を見たという。 「別れても」(1946年10月発売)• 5(2014年夏号)』TME出版、2014年6月1日、104~105頁。

2
「面影の花」(1948年9月発売)• 来歴 [編集 ] のすぐ北側、大須賀町二葉(現在の二葉の里)出身で、芸名は二葉の里で安芸の国と地元からとる。 「夜のミロンガ」(1952年11月発売)• 広島市東区出身。

歴史的音源(二葉あき子) | 来(ら)いぶらりネット@ひろしま 広島県立図書館

あき子 二葉

古里への愛着も強かった。

12
卒業後、地元の広島の三次高等女学校(現在の) で教鞭をとる。

フランチェスカの鐘

あき子 二葉

(NHK)古関裕而〜青春 涙 哀愁〜• 「捨てられた薔薇」(1948年5月発売)• 第6回では代表曲の一つである「バラのルムバ」で紅組トリを務めるなど、渡辺はま子・淡谷のり子・・笠置シヅ子と並ぶ創世記の紅白を代表する女性スターでもあった。 県立三次高等女学校(現三次高)で1年間、音楽教師を務めた。 「悲しきすみれ」(1949年7月発売)• この曲でブルースを歌う自信をつけ、以後多くのをヒットさせるようになった。

「村の一本橋」(1950年4月発売)• 古関(1980年)、155頁。

二葉あき子

あき子 二葉

「純情の丘」(1939年8月発売)• 「なつかしの歌声」(1940年5月発売、共唱:)• 「さよならルンバ」(1948年11月発売)• 「青い花瓶」(1942年8月発売)• 「月に踊る」(1936年7月発売)• 「星のためいき」(1950年6月発売)• 戦後になると、「別れても」「夜のプラットホーム」「恋の曼珠沙華」「さよならルンバ」「村の一本橋」など多くのヒット曲を放った。 1982年に紫綬褒章を受章した。 「米寿まで歌い続けた。

その増永丈夫はすでにとして流行歌手として名をなしていた。 自宅は非公開。

フランチェスカの鐘

あき子 二葉

「赤く咲く恋」(1947年7月発売)• 教師時代も上京して学校用教材のレコードを吹込んだ。 「」(1948年6月発売、台詞:)• 「夜汽車の女」(1955年4月発売)• 「涙のすみれ」(1940年3月発売、共唱:霧島昇)• 「黒いパイプ」(1946年9月発売、共唱:)• 「雨の日暮れ」(1952年5月発売)• 台詞の評判が悪かったので、翌年、台詞抜きで吹き込み直した。

12
戦後になると、「別れても」「夜のプラットホーム」「恋の曼珠沙華」「さよならルンバ」「村の一本橋」など多くのヒット曲を放った。 「雨の日暮れ」(1952年5月発売)• 1947年の「夜のプラットホーム」は、戦争がもたらす悲しい別れを女性の立場から歌い、多くの人の心に寄り添った。

二葉あき子とは

あき子 二葉

「涙のすみれ」(1940年3月発売、共唱:霧島昇)• 「ボヘミアの夜」(1950年11月発売)• 所属した日本コロムビアの元プロデューサー清水英雄さん(76)=東京都世田谷区=は振り返る。 その後は自立する女として生きたが息子の非行に悩むことになった。 二葉の死により、『』に出場した歌手のうち、存命者はのみとなった。

「巴里の夜」(1951年6月発売)• では同じコロムビアの、、らとよくステージに立った。 「夜汽車の女」(1955年4月発売)• 歌手として21世紀を超えてもなお活躍したが夏にファンのつどいにて引退を宣言し、広島に帰郷した。

二葉あき子さん死去 96歳 「フランチェスカの鐘」 広島市出身

あき子 二葉

「乙女十九 」(1937年1月発売)• 「屋台の女」(1952年1月発売)• 「」(1947年2月発売)• 「三色すみれ」(1952年5月発売)• 「フランチェスカの鐘」「水色のワルツ」などのヒット曲で戦中、戦後の歌謡界をけん引した歌手二葉あき子(ふたば・あきこ=本名加藤芳江=かとう・よしえ)さんが16日午前3時30分、急性心不全のため広島市内の老人保健施設で死去した。

2
「霧の港のノスタルジア」(1950年1月発売)• 「嘆きのルムバ」(1949年2月発売)• 「なつかしのブエノスアイレス」(1948年7月発売)• レコードデビューは、在学中にコロムビアで吹込んだ教育レコード。