ゴー フライ イーズ。 ナイキ、手を使わず容易に着脱できる「ナイキ ゴー フライイーズ」発表

ナイキ ゴー フライイーズ発売

イーズ ゴー フライ

履きやすさはスリッポンシューズ並みですが、それとは一線を画す安定感の高さを感じられました。

10
これまでファスナー仕様の「ジップアップ」、コードやストラップを引いてフィットさせる「プルタイト」、ヒールを踏み足を滑り込ませる「ステップイン」がラインナップされてきましたが、いずれも手を使う必要がありました。

脱ぐのも履くのも超イージー! Nikeがとうとう完全ハンズフリーのスニーカーを開発したよ

イーズ ゴー フライ

クッキーを使用しない設定にすると、自分に関心のない広告が表示されたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークへリンクできなかったり、ソーシャルメディアでコンテンツを共有できなくなったりすることがあります。 ナイキ ゴー フライイーズは、 特許出願中の双安定性ヒンジとミッドソールのテンショナー(張力調整装置)によって、 手を使わずに着脱することができます。

1
2月15日から一部のナイキメンバーに招待制で販売を開始し、2021年後半に一般販売予定とのこと。

「ナイキ ゴー フライイーズ」完全ハンズフリーで履けちゃう次世代シューズ誕生!

イーズ ゴー フライ

トップアスリートと同様に、障がいのある人など様々なニーズに応えながらイノベーションを行っていく」と話し、「改良は一時的な通過点(BETTER IS TEMPORARY)」と考えていることから、現段階では未定だが今回発表したナイキ ゴー フライイーズの技術を取り入れた別モデルの展開も示唆した。

15
最注目シューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」 手をいっさい使わずに履けるシューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」は、2月2日に情報が解禁されるやいなやSNS上で大きな話題を呼んだ。

履いてみた! 完全ハンズフリーの画期的シューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」

イーズ ゴー フライ

2月13日、14日の2日間は、このシューズを試すために各日2kmほどの散歩をしたが、シューズは軽く、足への負担も少ない満足のいく使用感だった。 ナイキ ゴー フライイーズがあれば、足を入れて、その上に体重をかけるだけで大丈夫。 履き口の後端からインソールの後ろが飛び出ているので、そこから足を滑り入れて前方にすこし体重移動するだけ。

17
これは障がいのあるアスリートに限らず、あらゆる人のリアルな生活にも活用できる新しいテクノロジーです。 次々に生まれたデザインは、フライイーズを名乗る上で満たすべき厳しい基準と、妥協のない機能性の基準を満たすものとなっています。

ナイキが手を使わずに着脱できる新作スニーカー発表、体重をかけるだけで足にフィット

イーズ ゴー フライ

ところがこちらは完全にハンズフリー! 一切手を使うことなくスムースな着脱が可能です。 この最新テクノロジーは、要注目である。 同社のデザイン、イノベーション、エンジニアリングの力を結集したシューズで、ハンズフリーで脱いだり履いたりすることが簡単にできるのが特徴だ。

14
脱ぐ際には、もう片方のつま先でかかとの出っ張ったパーツを踏んで、そのまま足首を持ち上げるだけ。 この柔軟でユニークなテンショナーのおかげで、足だけでシューズを脱ぐという動作がさらに楽に、これまでとは全く異なる形でできるようになり、多くの人が使いやすさや自分の力でできることを感じられるデザインとなっています。

脱ぐのも履くのも超イージー! Nikeがとうとう完全ハンズフリーのスニーカーを開発したよ

イーズ ゴー フライ

両手を使うどころか屈むことさえ不要となる「NIKE GO FlyEase」は、障がいを持つアスリートや妊娠中の女性、時間に追われた若者など、幅広い層に必要とされるスニーカーになっていくことでしょう。 この中には、個人データの処理を含むクッキーもあります。

2
わたしがシューズの写真をインスタグラムのストーリーズにアップすると、熱狂的なスニーカーファンではない人を含む10数人からメッセージが届いた。

履いてみた! 完全ハンズフリーの画期的シューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」

イーズ ゴー フライ

ヒールのキックスタンドは多くの人が靴を脱ぐ際に習慣的に行っている動作に着目し、デザインに落とし込んだ。

そうすると、再びシューズがヘの字型に変形するので、足を抜くことができます このあと、歩いてみたり、軽く走ってみたりしましたが、違和感は特になし。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』とはいかなかったけど、こんな未来も大歓迎です。

ナイキ、手を使わず容易に着脱できる「ナイキ ゴー フライイーズ」発表

イーズ ゴー フライ

サードパーティーによるソーシャルメディアと広告のクッキーは、お客様にソーシャルメディアの機能やパーソナライズド広告を提供するために使用されます。

6
簡単に履けるからといって、スライドサンダルやスリッパのように、歩いているさいに、突然脱げてしまうこともない。 国内での価格は税別13,000円。

Nike初のハンズフリーシューズ:ゴー フライイーズ. Nike 日本

イーズ ゴー フライ

このナイキはスリッパのように脱ぎ着でき、なおかつ、足全体をしっかりホールドするので、頻繁に脱ぎ着しなければいけない引越業者の人でも、また屈む姿勢をとりづらい妊婦さんにも喜ばれるにちがいない。 すくなくとも普段わたしが履いているコート系スニーカーよりも、歩きやすかったと思う。

8
履き方はとっても簡単。