パルシェン 育成 論。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

パルシェン/対戦

論 パルシェン 育成

投稿者:gyo• ダイマックスわざは相手の特攻を1段階低下させます。 調整案1• はじめに• これからも良い育成論投稿頑張ってください! パルシェンは波乗りを覚えますが、ハイポンのほうがダイマックス時の恩恵が大きいことと、単純に威力が足りないということで採用は見送っています。 命中に不安があるので、絶対当てたい場面ではダイマックスしてください。

16
「きあいのタスキ」も耐久に不安のあるドラパルトと相性の良い道具です。 またパルシェンは「こおりのつぶて」を採用することが多いですが、 今回は両刀型にしたために、「こおりのつぶて」を「ハイドロポンプ」に変えています。

パルシェンの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

論 パルシェン 育成

特性:スキルリンク• 今回こおりのつぶての代わりに採用しているハイドロポンプは「物理攻撃なら受けられる!」と思って出てきた 水を半減できない物理受けに対し回復が追いつかない状態にできるので、 役割破壊技であると言えます。 S=最速「からをやぶる」後、「スカーフ最速110族抜き」、「 雨下最速70族同速」 パルシェンを 準速にすると、スカーフ100族も抜けなくなってしまうため、今回は最速で採用しました。

6
バリアー型の場合、はわんぱく、持ち物はがメイン。 ダメージ計算は1発あたりのもの。

パルシェン育成論 : 【奇襲】特殊パルシェン【襷】【からをやぶる】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

論 パルシェン 育成

接触技。

役割について• ラムのみ まひやねむりで止まりません。 ・防御が高いゆえに、多くの物理アタッカーの前でからをやぶるを積むことができます。

【ポケモン剣盾】パルシェンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

論 パルシェン 育成

エースバーン 陽気A252 鉢巻 かえんボール 56. 投稿者:ウルガパルガッサ• パルシェンの種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 50 95 180 85 45 70 525 パルシェンのタイプ相性 4倍 なし 2倍 0. でロックブラストを獲得したが、この世代では強化にはつながらなかった。 物理受けの役割破壊にも。

19
「ぼうじん」 「ぼうじん」は「すなあらし」「あられ」によるダメージや粉系の技、特性「ほうし」を無効化する特性です。

パルシェン/対戦

論 パルシェン 育成

今回のパルシェンは気合のタスキを持っている関係上、相手にステルスロックを撒かれる前に場に出したいです。

17
スキルリンクは活かせないが、氷を半減する炎に刺さる。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

論 パルシェン 育成

その対策としてドリュウズやロトムでは、火力不足。 種族値は第二世代基準で換算すると合計が565だったポケモン。 使用感としても止まるポケモンについての弱みや、ダイマックスを消費せず積んだパルシェンの攻撃を耐えるために相手がダイマックスを切らざるおえない状況を作って裏のダイマックスポケモンを通しやすくするなどの強みが育成論にはっきりと書かれていたので、パルシェンを使ったことがない人にも採用理由が伝わるような育成論になっていると思いました。

2
相手の3体全員をの圏内に入れれば、あとはで破って勝ち。

【ソードシールド】パルシェンの育成論!非ダイマックスでも強力な積み特化アタッカー!【ポケモン剣盾】

論 パルシェン 育成

やることは物理型とあまり変わりません。 技構成は連続技2つと「からをやぶる」は確定として残りは水特殊技と「こおりのつぶて」の優先度が高めだ。 ルカリオの「しんそく」で止めを刺す 無条件で突破できます。

20
そしてこの世代で猛威を振るっていたに強いこともあり、対ガラガラでも特殊耐久及び火力でより優秀な、補助技が充実したタイプのやに汎用性でこそ劣るものの、一定の活躍は可能であった。

【必見育成論!】最強パルシェンの作り方!

論 パルシェン 育成

パルシェンの弱みは? ・はがねタイプに弱いです。 またミミッキュの化けの皮も連続技の最初の1回目こそ透かされますが、残りの4発が当たる様になるので、 ミミッキュ対策でもパルシェンはオススメです。 そのため、ドラパルトは偵察要因として先発で選出しやすいポケモンです。

3
スキルリンクにより確実に5発繰り出せる。

【必見育成論!】最強パルシェンの作り方!

論 パルシェン 育成

チートですね。 次に有用なのは粉系技の無効です。

パルシェン自体が多いのでS252なら同族勝負で勝てることもあります。